ウォシュレット取り付け業者のおすすめは?

ウォシュレット取り付け業者をお探しですか?

 

ウォシュレットの取り付けは、自分でできる人もいらっしゃると思いますが、少しでも不安な方は、専門のリフォーム業者に任せたほうがいいです。長く使うものなので正しく取り付けて、気持ちよく毎日使えるようにした方がいいです。

 

リフォーム業者に依頼したからといって高くつくものでもありません。しかし、リフォーム業者によって得意不得意があったり、専門、専門外がありますので複数のリフォーム業者に一括見積もりを出してもらって安い業者に取り付けてもらうのが最適な方法です。

 

まずは、リフォーム業者の一括見積もりサービスをぜひご利用ください。

 

おすすめのリフォーム業者の無料一括見積もりサービスは「リノコ」です。

 

リノコの特徴としては、

1.無料でしかも匿名で利用できる

 

2.業者との面倒なやり取りはリノコがしてくれる

 

3.しつこい勧誘なし

 

4.必ずしも契約する必要は全くなし

 

5.他社で見積もりしていても問題なし

 

6.電話オペレーターの対応が丁寧

 

といったことが挙げられ、とにかく評判がいいです。

 

 

一括見積もりをしたからといって必ずしも契約する必要はないので相談感覚で利用できます。トイレのリフォームは、決して高いものではないですが、少額であっても損をしないように、リノコを活用することをおすすめします。

 

リノコ申込み

 

ウォッシュレットの取り付け、修理を依頼する際の3つのポイント

ウォシュレット取り付け料金

今では当たり前に見かけるようになったウォッシュレットですが、急なトラブルに見舞われた際は取り付け交換や修理を行う必要性が出てきます。また、水漏れなどの症状が見られる場合は様々原因が考えられるため専門の修理業者に依頼しましょう。ここでは取り付け、修理を依頼する際の3つのポイントをみていきます。まず第一に依頼にかかる費用です。ウォシュレットに関する工事代金にのみに目が行きがちになりますが、出張費や駐車場代が入る場合があります。また、ウォッシュレットを取り付けるために環境整備が必要な場合は工事費が追加されることもあります。お住いの場所や環境によって異なりますが、一般的な金額はおよそ7,000〜20,000程度だと言われています。修理の場合は、パッキン交換作業であれば5,000〜8,000程度、配管交換は6,000から10,000、タンク内部の部品交換は10,000〜15,000円ほどが目安です。また、基盤やノズルが故障している場合はさらに費用がかさむことがあるため、修理するよりも新しくウォッシュレットを購入して取り付けてもらった方が安く済むことがあります。そのため修理の予算を決めておき、必ず見積もりをとってもらうことが大切です。

 

次に作業にかかる時間も想定しておきましょう。通常であれば作業時間は30分から2時間程度で終了しますが、取り付け環境のために便器本体や床などの施工が入る場合は日を分けて工事を行う必要性が出てきます。当然作業前に大抵の時間は算出してくれますが、作業の間はトイレが使えませんので注意が必要です。

 

3つ目のポイントは取り付けを依頼する前にきちんとウォッシュレットの形状を把握しておくことです。便器には大きく分けると大型と普通サイズの2通りがあります。それに伴ってウォッシュレットのサイズがあっていないと取り付けた際に使いにくい状態になってしまいます。兼用サイズのものも販売されていますが、専用サイズの方がジャストフィットしますので最適なサイズを選びましょう。以上「修理または新品取り付けの費用比較」「工事期間の確認」「便器サイズの把握」の3つが依頼のポイントです。

ウォッシュレットを業者に依頼した時の工事日数

ウォシュレット取り付け業者

ウォッシュレットの工事を業者に依頼した場合にかかる日数ですが、交換をする場所の問題や戸建てやマンションにもよって、若干異なる事が多いです。大手メーカーのウォッシュレットであれば、部材も揃いやすいので、トイレの取替工事を含めても1ヶ月はかかりません。ウォッシュレットと取り替える際にトイレルーム全体を工事するのであれば、それ以上の時間がかかってしまい、1ヶ月以上は見て置く方が良いでしょう。他にも繁忙期や閑散期によっても日数が変わる場合がありますので、ウォッシュレットの工事を依頼する場合には見積もりをあげる事が大切です。

 

見積もりを見ることで、工事にかかる期間を確認する事が出来るため、自分の想像以上に日数がかかってしまう心配もありません。特にトイレルーム全体の工事を伴うウォッシュレットの取り替えの場合には費用も多くかかりますので、見積もりをあげないまま工事を依頼してしまうと予算が合わないという可能性も出てきます。他にもウォッシュレットだけを新しくするより、トイレ全体のリフォームを行うほうが安上がりになる可能性もあるので、業者に相談する様にしましょう。

 

次に日数がかかってしまう場合は一つの業者に依頼をするのではなく、他の業者にも問い合わせると日数の短縮が出来る可能性があるので、急ぎの場合には業者を一つに絞らない事も大切です。他にもウォッシュレットを取り扱っているメーカーが部材の品切れが発生している時には日数が多くなる事もあるので、その際は違うウォッシュレットのメーカーの取り付けも検討する必要があります。どのメーカーの物でも性能の良い物が販売されているので、拘りがなければ、工事日数を短縮する事に繋がる可能性も高くなります。最後に日数が気になる場合には頼もうとしている所の評判をインターネットなどで調べておくとどれ位かかるのか、事前に把握する事も出来るので、インターネットを活用してみても良いでしょう。

ウォッシュレットをDIYで設置

ウォシュレット取り付け相場

ウォッシュレットがついていないトイレでも自分自身で設置することは簡単です。業者に頼むこともできますが施工費用が掛かってしまいますので、できることならタダでできるDIYがお勧めです。ウォッシュレットをトイレ内に設置するには、電源コンセントがあるかどうかの確認が必要になります。延長コードなどで廊下にあるコンセントから電源をもってくるのは、結露や水滴が発生し、漏電や感電の恐れがあり危険ですので控えましょう。

 

タンクレストイレや一体型トイレはウォッシュレット取り付け不可になりますが、ほとんどのトイレは取り付け可能になります。組み合わせ便器が一般的ですが、そのほかのショッピングモールなどで見かけるフラッシュバルブ型便器や隅付タンク式便器は別途部材や工具が必要になることもありますが取り付けることが可能です。必要な工具はプラスドライバーとスパナ、モンキーレンチやウォータープライヤーなどもあると便利でしょう。

 

取り付け方は、まずトイレタンクの横についている止水栓を締め水を止めます。トイレを流してしっかりと水が止まっているかどうかが確認できますので確認してください。既存給水管を工具を使ってゆっくりと抑えながら緩めてはずします。分岐金具を止水栓に締め付け、フレキシブル管を取り付けてください。便座を固定しているナットを外し便座を外します。ベースプレートをネジで締めて固定し、いよいよウォッシュレットの取り付けに入ります。ベースプレートに差し込むか、取り外した穴に本体を固定するタイプが多いので説明書にしたがってください。給水ホースを差し込んでクイックファスナーで止めると設置は完了です。電源プラグを差し込んで電源を入れ、作動するか確認してください。水漏れがなく、動作に問題がないかを確認すればすぐに使えるようになります。配管の接続部のゆるみなどには注意して作業を行い、水漏れが発生しないように注意しましょう。

どのようながトイレリフォームが必要になりますか?

ウォシュレット取り付け費用

普段利用しているトイレを使い勝手のいいトイレリフォームする場合には、いくつかのポイントからチェックしてみることが大切です。基本的にトイレリフォームをする場合には、手洗い場を設置する必要があるか、便器自体を交換する、内装をリフォームして雰囲気をかえる、トイレのスペースを拡張するなどさまざまな点から使い勝手がよくなるように、目的に合わせてリフォームするといいでしょう。また、手すりなどを設置することで座る時、立ち上がる時などの負担を軽減することもできるため、高齢者や足腰が弱い方がいる家庭では設置してみるというのも一つの方法です。

 

基本的にトイレリフォームをする場合には、その住宅に住みトイレを利用している人全員から要望を聞き、できるだけ不満がなくなるようにトイレリフォームをすることが重要です。また、費用的な面も考慮して全体的な意見をまとめ、業者にリフォームを依頼しましょう。トイレをより快適に利用できる空間とすることで、日頃、定期的に利用する時に気持ちよく利用できることが理想的です。一人暮らしの場合には、自身の要望でどのようにリフォームするか自由に決めることはできますが、家族と共に暮らしている場合には、家族全体の意見を聞き、まとめることが大切です。

 

せっかくトイレリフォームを行うのに、全員の要望の大半が通らず中途半端なリフォームになると費用をかけてリフォームした意味も半減してしまいます。そのため、できるだけ全体から要望を聞き、不満がでないようにトイレリフォームを業者に依頼して納得のいくリフォームを行いましょう。また、リフォーム業者に関しても依頼する前にある程度情報を集めることが重要です。リフォームに関してどの程度の費用がかかるのか見積もりを出してもらうことも大切ですが、それ以外にも複数の業者に関しての評価や利用者からの口コミ情報などチェックしてみることで優良な業者かどうか判断しましょう。

トイレのリフォームは節水・節電を考えて選ぼう

ウォシュレット取り付け料金

トイレをリフォームする時には、節水や節電を考えて選ぶことが大切です。目先の費用ばかり気を取られてしまいますが、将来的にかかる費用も無視をすることはできませんから、節水・節電を重視することは非常に重要なことになります。わかりやすく言えばリフォームの費用が10万円違うとして、高い方のトイレは安い方のものよりも年間で2万円の節水・節電効果があるとします。大体、トイレと言えば10年程度は使うことになりますから、一時的に工事費を安く済ませることができたとしても、トータルで見れば高いほうが得をするというのは決して珍しいことではないので、リフォームにかかるコストだけでなくランニングコストもしっかりと把握しておくようにしましょう。

 

特に近年の製品は節水・節電効果が非常に高いものが多くて、ごく普通のものと比較をすると二分の一、三分の一以下に抑えられることもあります。トイレを使う以上は水は必ず必要となりますし、今やウォシュレットや温熱式便座は欠かすことができないものだけに電気も必要です。それだけに省エネ仕様になっているものとそうでないものではランニングコストに大きな差が生まれることになり、5年10年使うことで倍以上の費用の差が発生することもあるので、単純にトイレにかかる費用だけで選ぶわけには行かないのです。

 

節水・節電効果が高くてもトイレそのものの価格が高ければ意味がありませんが、長く使用することによって価格差を吸収できるのであれば、節水・節電効果が高いものを選ばない手はありません。最近はどれだけ水や電気代を節約することができるのか、わかりやすくカタログに記載をされていることが多いので比較は難しくないので、リフォーム費用だけに目をとらわれずにリフォームが終わった後にかかる費用も考えるようにしましょう。また、長い目で考えることでワンランク上のトイレを選びやすくなるため、それだけ快適な生活を手に入れやすくもなります。

 

リノコ申込み